演習でコード書くんならGit管理したらよくない?

どうも、じーこです。

こう、数学畑みたいな学科にいるとついつい思ってしまうことがある。

なんでGitで管理しないんだろう?

と。

そもそもここで

Gitってなんなの

って人も多いと思う。ってか僕もガリガリ開発してからGit知ったし、運用できるようになったし。

ってことでGitの説明からなんでGitを使うことを勧めるかまでざっと説明します。

Gitって何?

Wikipediaによると…

Git(ギット[2][3][4])は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。(WikipediaのGitのページより)

と書かれていたりする。

ナンノコッチャって思う人がいるんだけど簡単に言うと

  1. プログラムを書いていると、ここまでは正しい、ってわかってるんだけどそこ以降が間違っている、なんてことがある。

  2. そのためにここまでは正しく動いてる、ってところをコメントアウトだけで管理するのは無理

  3. じゃあその作業の履歴を保存したら正しく動くところまで戻せるよね?

 

っていうのを支援するツールです。

こうすることによって、例えば

  1. あ、やらかした!! 元に戻さなきゃ

  2. 安定版を残しつつ改良したい!!

  3. 更新した機能のバグチェックがしっかり済んでからメジャーアップデートに組み込みたい

 

といったことを実現できます。

他にもsubversionとか色々あるんですけどGitでいいでしょう。

ってかあまりGit以外を見る機会僕にはないです(笑)

特に大学で課題をやる学生的には1がGitを使う主な理由になりそうですね…

インストール

MacだとかLinuxユーザーの人はgitってコマンドをターミナル(黒い画面)で打つと何かしらレスポンスがあると思います。

Windowsの人は基本的にこのページからダウンロードしたらOKです!!

あと、色々なページにも載っていますがmsysのツールを入れるか聞かれますが入れときましょう。ssh-keygenとかの類ってこれで入れちゃうと楽なので。

さぁ、入れたはいいけど…

Gitを入れたぞ!!  

ってなってるとこ申し訳ないんだけどGitを入れただけで勝手に管理してくれるわけではないです(汗)

そんな楽だったら誰も苦労しないって…

ということでGitあるあるとして

  1. 入れたけどよくわからない

  2. 何で勉強したらいいの?

  3. ってかウェブ見たけどできる気がしない…

 

ってところが挙げられたりする。まぁ僕も実際B3の秋頃までGitとかろくに使えなかったしね(笑)

ってことで僕が考えるGitの学習法は

  1. Git-itをやる(後述)

  2. Gitの簡単な仕組みを知る

 

これに尽きると思います。

Git-itをやる

ここからダウンロードできます。

zipを解凍したらそのままアプリとして起動します。

一応公式のREADMEにはGitHub Desktopを入れたほうがいいとかとか書いてるけど別にいらないです(笑)

アプリの指示に従いながらコマンドを打っていくと勉強できる、という仕様です。が、

バグが結構あります(笑)

Git-itにはページの最後の方に正解確認をするためにVerifyというボタンがあります。

これが結構な確率で反応しなかったです…

まぁ、そういうところはぶっ飛ばしてやればいいです(笑)

Gitの簡単な仕組みを知る

上のGit-itで勉強しても、あくまでそれは全体的なGitでのワークフローを認識しただけにとどまります。

そのため、Gitの簡単なコンセプトを理解すると使えるようになります。

例えば、Gitの公式の文章だとこちらがおすすめです。

自力での勉強法を教えたけど

僕自身はこの方法を自力ではやってないです(笑)

もし、時間とかがあるのであればGitHub patchworkに参加するのがいいのではないでしょうか?

GitHub patchworkではGitHubの社員から結構親切に教えてもらえます。

Gitのコンセプトに関しては英語ですがとてもわかりやすく教えてくれます!!

本題 : なんで演習に使うべきなの?

ずっとGitの勉強の話ばかりだったので本題に戻ります(笑)

演習でやるときとかってトライ&キャッチがめっちゃ重要になってくる。

例えば、これでやってたけどうまくいかないからちょっと前に戻ってやり直したいとか、

実はこの方法は間違ってて、前の方法が正しかったとか…

わざわざファイルを複数持っておくなんてそれこそわけがわからなくなる。

だからこそのGitなんです。

それに、別PCとの同期とかも簡単にできてしまうんで、何かあった時のバックアップもネットに残せる。

以上の点でGitを大いに活用するべきです!!

おまけ : SourceTreeとかってあるんだけど

そうです!! 今までGitはコマンドでやるものだと思ったかもしれませんが、

GUIでできちゃいます。

ここからダウンロードできます。

ただ、コマンドで覚えちゃった方が楽です!!

まぁ、最初で慣れない人にはお勧めします…

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL