研究内容を管理するならJupyter Notebookしかないんじゃなイカ?

おはこんばんちわ、じーこです。

2日目最初の投稿は、タイトルのままです。

ん? ちょっと何言ってるか全然わからない

って方のが大多数なので説明しながら、話していこうと思います。

そもそもJupyter Notebookって?

こればかりはPythonという言語をやっていないと馴染みがないですね…

プログラミング言語を書く環境というのは、概ね下の2つに分かれます

  1. エディタでコードを書いてコマンドで実行

  2. IDE(総合開発環境)でコードの記述から実行まで行う

もちろん、Pythonのコーディングから実行は上の2つの方法でもで可能です!

1番目の方法が主で、プログラマは開発効率を上げるために、プログラミングに特化したテキストエディタを使います。

2番目の方法は、PyCharmなどのソフトを導入して開発することなどを指します。

ただ、上の2つだとできないことがあります。

それは、

コードと実行結果を一緒に保存できない

ということです。

主に演習や実験などのでは実行結果が必要なのですが、それを逐一コンソールからコピぺするのってだるいですよね(笑)

また、この処理、コードを実行した結果がこれだ、というふうに記録しないといけないので管理が大変です。

それを簡単にできてしまうのが

Jupyter Notebookです!

実行するために

Pythonはバージョンの違いで主に2つに分かれます。

Python2とPython3です。

それぞれ、print文がprint関数になったりと微妙に違っていたり、

様々なパッケージの依存性から未だにPython2が使われているので、Python3を入れるには苦労すると思います。

ここでなぜバージョンに触れたかというと、Python3ではデフォルトで使えることです。

これを機にPython3に変更するのもいいのじゃないでしょうか?

いざ実行

コンソールで

と打ってください。

そうするとブラウザが開いてくれます。

あとは画面を操作するだけでNotebookを編集できます。

簡単な使い方

コードを書いて実行したい時

を押せば、コードが実行されます!!

便利機能

MarkDownでメモしよう

MarkDownというマークアップ言語でメモを取ることもできます。

これを用いることで、コードのコメント文だけではわからないことも追記可能です。

GitHub上に公開されているこちらを参考に書いて見てください!!

最後に

今筆者も卒論をやっているのですが、Jupyter Notebookを使っているおかげで楽にコードや結果を管理できています。

データサイエンスや画像処理なんかも、行なった処理と結果をまとめられるのでJupyter Notebookの利用を考えて見たらどうでしょうか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL