PyCon JPのカンファレンスを終えて

どーも、じーこです!!

昨日は投稿しませんでした(涙)

理由があります。それは後の楽しみとして…

会議の報告をします!!

どんなことやったの?

全体に関して

言うなればみんなでPythonを楽しもう!! と言うイベント。Pythonに関してテーマを持ち込んで喋るのを聞くんですが、それがなかなか濃い!!

野球の予測を話す人なんかは、ファイターズのユニフォーム姿やし(笑)

ただ、それだけではなく、

スポンサー会社がブースを持って会社の宣伝を行ったり、

ポスターセッションがあったり、

当日滑り込みのLT枠があったり。

もう、なんでもありのイベントです!!

ノベルティーがすごすぎる

こういうのにノベルティーグッズが入ってました。

だいたい、予算のかけかたとかどうなってるんかわからないのですが、

普通やとシールがもらえるかなー、何千円か払ってたらiRing(NodeFesではAbemaTVのやつもらいました)とかTシャツなんですが、

ん? 乾電池?自社ロゴ入りとかめっちゃかかるやろ!! みたいなんとか、

 

ん?LINEさん?こんなええもんくれはるの?

ってくらい良いものが入ってました。

まぁ、愛はお金に変えられませんが、それにしてもPython愛がすごいな!!

セッションの内容

まぁ、全てが知りたいならPyCon jpのページ見たら出てきます。

いっちゃん多いのは機械学習系かなーとは思います。

その次に多いのはWeb系

そのほかはそのほかで色々とぶっ飛んだものがあります。

僕自身一番真剣になって聞いていたのはPythonでの並列処理の話の部分です。

ここら辺ってあまりPythonで話きかへんなーと思いますし。

卒論でふつーに使う可能性が高い機能なので聞きました。

そのほか、英語のセッションもあるなど、英語の勉強にもなるセッションもあります。

セッション以外にも

僕自身としては、次の3つも有意義でした。

  1. 外国人との会話
  2. スポンサー企業回り
  3. LT

外国人との会話

基本的には英語じゃないと通じないです(笑)

ここでよくあるのが、聞くのはある程度理解できる、ということ。

実際、台湾人のゲストの話とかある程度は理解できました。

ただ、アウトプットがめっちゃむずい。

自分の専門は何や?と聞かれるのですが、なかなかに言葉が思いつかないし、

思いついてもあまりうまく伝わった記憶がないです。

ただ、それでもなんとか伝えようとすると、会話そのものはうまくいきます。

僕はその台湾人の彼から、

君頭良さそうだからスタンフォードのMoccでもみて勉強したら?

とか言われました(笑)

通じるに越したことはないですが、そうでなくても有意義な時間を過ごせました。

スポンサー企業回り

これに関しては、置いてあるチラシを見て、

こういう会社もあるのか

と、就活生が就活イベントを巡るようなものかもです。

もちろん、来ている会社は何かしらの形でPython使ってます(笑)

企業側的には他者からの転職者とか、ビジネスでの自社サービスの利用促進がメインですが、

意外にも僕みたいな学生に対しても話をしてくれます。

実際にあったのが、

君、月曜日空いてたら遊びに来ない?

っていう話です。

実は私めは京都在住ということもあって東京のベンチャーとは関わりがなかったりする。

ということで、日本の最先端とも言える東京のベンチャーの中身が見れるだけでとてもワクワクするわけです。

LT

PyConだけなのか、LTをその日に募集してる。

条件などは全くなく、5分以内というルールさえ守れば良い。

初日にそれを聞いて、よし、やるか、となったのだが…

初日は枠が取れなかった…

ということで次の日は朝早くに行って枠を早々にゲット!!

喋った内容?

これですよー

最初は英語じゃないとダメなのかなーとか思ってタイトルを英語にしましたが、中身的には

我々はどういうアティテュードでPythonを広めるべきか

です。

思い当たる節があったので、喋ろうと思い、前日夜遅くまでスライドの基礎を作り

当日にイラストやを大量投入しました(笑)

イラストやのおかげで滑らずにすみました(笑)

最後に

これでPyCon JP 2017が終わりなわけではないです!!

明日には開発イベントのSprintがあります!!

ということで明日も頑張りたいと思います!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL