プログラミング

ArchLinuxに入っているPythonについて…

皆さんお久しぶりです、じーこです。

最近、手持ちのオンボロPCにArch Linuxを入れてみましたー

それはそれとしてPythonが嫁の僕が気になったことがあります。

Pythonのバージョン

普段からPythonとじゃれ合っているので、新しいPC、環境だとついついバージョンを確認してしまう。

というのも、Pythonは2と3で未だに対立があります…

詳しいことは置いといて

$ python --version

をしてみます…

すると、どういうことでしょう。

Python 3.7.0

と表示されるではありませんか!

Python3信者としては歓喜の声を上げざるを得ません!

Python2は?

ふつーはたいてい、新しいやつに移る(特にJS界隈)のが多いのですが、Pythonに関してはそうも行きません…

というのも、言語として結構変更点が多いんです…

たとえば、

Python2だとprint構文、Python3だとprint()関数

だったり、

forループを見てみると

for i in xrange(10):
    print i

とPython2で書いていたものが

for i in range(10):
    print(i)

とPython3では書くことになります。

これだけではないのですが、こういう面倒なことがあるので、なかなか移行が進まなかったのです。

ただし、Python2は来年でサポート切れますよ?

を御覧なさい!

結局の所…

エイリアスで変更できるようになっています。実はpythonコマンドでpython3が呼ばれているだけでした…

また、Python2は普段使わないのですが、Arch Linuxだと

$ python2

でPython2が実行されます。

コメントを残す

*